綺修たばたは傷んだ髪の空洞を埋め、水分を保ちキューティクルを正常に戻します。

 

 NEWS & BLOG
 『綺修 たばた』はオールインワン補修剤
『綺修たばた』は、傷んだ髪の空洞を埋め水分を保ちキューティクルを正常に戻すことを実現させるため、髪の元であるアミノ酸やたんぱく質の元である炭素、ココナッツオイルや糖類(蜂蜜やオリゴ糖など)を絶妙なバランスで配合。 保湿しながら艶・しなやかさも出します。
さらに水分を逃がさず、上記の有効作用を熱により定着させ、熱から髪を守るためにエルカラクトンという成分を使用しています。
また、水と油を融合させ行き渡らせれる事とエルカラクトンを定着させるため環状シリコンを使用しています。 なお環状シリコンは揮発性があり残留しません。
総合的に補助として高純度のフルボ酸も入れています。これは成分を髪にイオン結合させる作用、無作為な酸化を防ぐ抗酸化作用のためです。 水は乳化剤をかぎりなく使わないために圧をかけた非常に安定した還元電解水を使用し、油分の溶解の一助を担っています。
たばたは配合成分の性質上、適量噴霧して熱を加えることで最大限の力を発揮します。
上記の作用を最大限発揮させるため、試行錯誤を繰り返しやっと実現した絶妙なバランスで作られているのが、オールインワン補修剤の『綺修たばた』です。

オールインワン補修剤

 『綺修 たばた』使用による仕上がりの変化
    



シャンプーして左側のみ『綺修たばた』を塗布してドライしました。
デジタルパーマの復活です。

 その他の『綺修たばた』施術例はこちらから 





 使い方はとってもシンプル!簡単です。
◆ 基本的な使い方
シャンプー後に髪の毛をよくタオルドライし、「綺修たばた」を髪全体に振りかけてください。その後ドライヤーで乾かします。

痛みの激しい部分には乾いた髪の状態で適量ふりかけ、ドライヤーで水分をとりアイロンで熱を与えてください。
 ※すべての施術のプレ処理前に髪をウェットにしてください。
 ※髪には満遍なく塗布してください。(ワンプッシュ、約0.3g)


『綺修 たばた』の名前の由来

開発を担当した吉岡です。
私が今まで担当した髪で、どんな架橋剤や処理剤でも「たばた」(当店スタッフ)の髪を思い通り綺麗にすることは不可能でした。
知っている限りのどんな美容師にも彼女を満足させることは不可能で、「その特殊な髪質をどうしても綺麗にしたい!」という長年の『想い』が私の原点でした。
その彼女が今では美容師になり、特に髪が傷んで悩む女性が数多く来店される私のサロンでも自分の髪質が特殊であると分かり、 私も「彼女の髪を風でなびく髪にしたい!」と開発を続けてやっと本当の髪に必要なものを見出し出来たのがこの『綺修 たばた』です。
彼女の髪が綺麗に修まればどんな髪をも綺麗にできる!これが『綺修 たばた』の名前の由来になっています。

 

『綺修たばた』の詳細情報はこちらから